波打ち際の彼女

腹立ちまぎれに
太陽に目がけて投げ入れた叫びは
放物線をかいてじゅっと蒸発し
陽と一緒に水平線に飲まれて消えていく

 

海辺の彼女は
「だからいったのに」というそぶりを見せ
つまらないものを弄ぶように
波を爪先でつついている

 

暮れる陽が段々と輪郭を揺らし
肥大化した神経が高ぶり
また叫びだしたくなってしまう
細い後ろ姿が酷く恐ろしい何かに変化する
瞬間がそこまで来ていた

 

薄闇にぼやりと浮かぶ
分からないそのものは
ついにはこちらをじっと見て

 

私が恐れる言葉を発する前に
波がさらっていってしまった